ツアーコンダクターになりたい方

subtitle

ツアーコンダクターの仕事

海外団体旅行に付き添ってツアー全体がスムーズに進行するように旅程を管理することです。
具体的にはツアー中の交通機関・観光・宿泊などの調整に対応したり、各国の予備知識をお客様に提供する
などのサービスをすることです。
このようにお客様に旅行を楽しんでいただくための業務であることも勿論ですが、何よりも温かい心配りをするという
接客のお仕事でもあります。

ツアーコンダクターは出発から帰国まで一人でその業務につきますが、その間空港スタッフ・キャビンアテンダント・ガイド・ドライバー・ホテルスタッフと他にも沢山の方々と協力し合い、業務を遂行させていきます。
ツアーのリーダーは自分一人ですが、決して一人ぼっちではありません。

海外ツアーコンダクターの資格

海外ツアーコンダクターになるには、国土交通大臣の認定する「旅程管理主任者」の資格が必要です。
ツアーコンダクターの資格には、国内旅程管理主任者(国内旅行のみ)と、総合旅程管理主任者(国内、海外旅行)の2種類あります。
・総合旅程管理研修の修了者(合格者)である
・旅行業法で定めた添乗実務を経験している (旅行業法第12条の11)

この条件を満たした者に、「旅程管理業務を行う主任者証」が発行され海外ツアーコンダクター業務を行うことが出来ます。

旅程管理研修

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)の資格を取得するための研修が、旅程管理研修です。
旅程管理研修には、
・基礎相当研修
・国内または総合旅程管理研修

の2種類があります。
海外添乗には、総合の資格(海外添乗員の資格)が必要です。
国土交通省登録機関、またはツアーコンダクター派遣会社が実施する基礎研修と、国土交通省登録機関が実施する総合研修を受講し合格しなくてはなりません。

※総合旅程管理主任者の資格は、国内のツアーコンダクター業務も行えます。

資格取得に必要な添乗実務とは

・実際の海外ツアーにサブ添乗員として同行
・添乗員派遣会社の海外研修旅行に参加
・国土交通省登録機関主催の海外研修旅行に参加
・手配旅行の海外ツアーに添乗員として同行


いずれかの海外実務を総合旅程管理研修終了の前後1年以内に1回、または修了後3年以内に2回以上経験(旅行業法施行規則33条の1)すれば、総合旅程管理主任者証が(社)日本添乗サービス協会発行されます。
どの方法も、手配旅行以外は添乗員講師もしくは総合旅程管理主任者の下で、実際にツアーコンダクター業務の指導を受けることになっています。

お問い合わせ
お問い合わせ

ページのトップへ